ボトックス副作用について調べる【安心・安全面のサポート】

  1. ホーム
  2. ボトックス注射について

ボトックス注射について

カウンセリング

効果的な方法とは

ボトックス注射を行う事で顔のシワ取りや小顔になる効果があります。ボトックス注射は、個人差はありますが3ヶ月から4ヶ月間の効果が期待できます。もしこの期間に副作用が出た場合は、すぐに医師に相談をしましょう。症状が軽い場合は、注射の効果が切れるのを待つ方法となります。ボトックス副作用は様々な症例が挙げられます。その副作用の一つに頭痛がありますが、発症する患者は非常に少ない点が特長です。ボトックス注射を行った場合、皮膚が弱い人は注射をした箇所に内出血が発生するケースがあります。基本的に内出血は数日間ほどで消失するために、化粧で目立たなくする方法が有効です。またボトックス副作用として、注射の効果が効き過ぎて、顔の筋肉に違和感を覚える場合があります。具体的には表情が引きつって、笑っていない印象を与えたりします。また額や眉間の筋肉に注射が効きすぎると、普段の生活の中で目を開けたり閉じたりする時に違和感を覚える副作用も挙げられます。この場合も医師に相談をする事をお勧めしますが、自分で出来る対策としては顔のマッサージをする事で、注射の効果が早く切れるために、顔の筋肉が元に戻ります。また額や目を暖かいタオルで当てて、血行を良くする方法も有効です。ボトックス注射をする事によって、小顔になるなど美容に良い効果がいくつかあります。ボトックス注射の効果は数ヶ月間で切れるために、定期的に行う必要があります。注射の効果が強くてボトックス副作用が表れた場合は、その事を医師に伝えると、初回に強く効きすぎたなら次回は注射の量を少なくするなどの対策をしてくれます。ボトックス副作用が発生すると、顔の筋肉に違和感が発生するなど普段の生活が不便になりますので、医師の選び方が大切になります。注射をする際に、患者が気になっている点や不安を親身に聞いてくれる医師を選びましょう。定期的にボトックス注射をするために通っている場合は、診察時に必ず注射の効果を確認してくれる医師が信頼できます。またボトックス注射はイギリス製や韓国製などがありますが、その中で患者の状態に適した注射を選んでくれる医師がお勧めです。高い注射だけを勧めてくる医師は避けましょう。ボトックス注射をする事で、おでこや顔全体のシワを除去することが可能です。この場合、効果は徐々に出ますので、職場の同僚などに注射を行った事がバレる心配はありません。また夏に汗をかきやすい人も、ボトックス注射によって汗腺の働きを抑制できます。