ボトックス副作用について調べる【安心・安全面のサポート】

  1. ホーム
  2. 施術をするにあたって

施術をするにあたって

医者

注意点や施術料金

ボトックス注射をする前のカウンセリングのときには、看護師さんのほうから施術後の注意点の説明があります。ボトックス副作用のリスクをなくすには、施術後の注意すべき点を守って過ごすことが基本です。ボトックス注射をした当日はアルコール分の摂取を控える必要があります。アルコールを飲むことで、患部の腫れが悪化するリスクがあるからです。ボトックス当日のシャワーや洗髪、洗顔などはOKです。ただし、半身浴など湯船への入浴は控えるのがおすすめです。入浴をすることで血液の循環が良くなり、腫れの治りが悪くなる可能性があります。よく注意されるのが、施術から一週間〜10日ほどは強いフェイシャルマッサージをしないことです。ボトックス注射をした部位を強くもんだりマッサージをしたりすると、せっかく注射したボトックスの効果が低下します。マッサージだけではなく、家庭用美顔器の使用も10日ほどは控えるようにすることが大切です。以上のように施術後はちょっと日常生活に気をつけてさえいれば、大きなボトックス副作用はないです。しかし10日過ぎても腫れが引かなかったり何らかの異変を感じたりしたら、施術をしたクリニックに連絡をして指示を仰ぐことをおすすめします。小顔効果やリフトアップ効果、表情ジワ改善などを目的にボトックス注射をする人は沢山います。ボトックス注射にかかる費用は自由診療であるため、クリニックごとで料金に差がだいぶあります。施術をする前に、ある程度の料金相場を知っておけばクリニック選びの参考になります。エラにボトックス注射をする小顔ボトックスの施術料金の相場は5万円前後です。骨を削る外科手術をするよりも簡単にエラがシャープになり、ボトックス副作用の心配なく小顔になります。リフトアップ効果があるマイクロボトックスは、パーツごとに施術料金が違います。施術をするパーツが多くなるほど料金がアップするのが一般的です。目安としては、1パーツあたり5万円、顔全体の場合は10万円です。一番料金的に手ごろにできるのが、表情ジワを改善するボトックス注射です。表情ジワとは目尻などの目元や顎などの口元に寄りやすい、表情を作ったときに一時的にできるシワです。施術料金は表情ジワ一か所あたり2万円前後です。5千円前後のお試し料金で、ボトックス副作用なく表情ジワ改善ができるクリニックも、各地で探せば沢山あります。ボトックス注射で表情ジワができなくしておけば、年を取ってから深いシワができるのを防ぐことが可能です。